スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<エベレスト>13歳と50歳の世界記録誕生(毎日新聞)

 【カトマンズ、ビナヤ・グルアチャリャ】ネパールと中国にまたがる世界最高峰、エベレスト(中国名チョモランマ、8848メートル)で22日、二つの世界記録が生まれた。米国人の13歳の少年が中国側からの登頂に成功。これまで16歳だった最年少登頂記録を破った。また、ネパール人の50歳の山岳ガイドの男性がネパール側から世界最多の20回目の登頂を果たした。

 ネパール政府当局によると、少年は米カリフォルニア州のジョーダン・ロメロさんで、父親らと登り始め、22日朝に頂上に到達した。AP通信によると、ロメロさんは頂上から衛星電話を使って米国にいる母親に電話し、「僕は今世界で最も高い場所にいる」と連絡してきたという。

 一方、これとは別に20回目の登頂に成功したアパ・シェルパさんは1990年の初登頂以来、いずれも無事故登頂。同行の仲間とともに08年から続けている登山道沿いのゴミ拾いをしながら下山する予定だ。

<訃報>小松茂美さん85歳=センチュリー文化財団理事(毎日新聞)
母子健康改善と技術革新を=首相にG8学術会議声明提出(時事通信)
メンバー・日程、非公表 朝鮮学校無償化検討会議、異例の対応に(産経新聞)
辺野古区行政委、条件付きで容認決議(産経新聞)
09年度派遣労働者42%減=厚労省(時事通信)
スポンサーサイト

<雑記帳>イカ、サバ原料に「お魚屋さんのギョーザ」…八戸(毎日新聞)

 イカの水揚げ量日本一で知られる青森県八戸市の食品会社「ヤマヨ」が、八戸港で揚がったイカやサバをあんにした「お魚屋さんのギョーザ」2種類を開発、ネット上で発売(8個入り600円)した。

【ギョーザといえば】時代を駆ける 大東隆行社長に聞く

 骨取りなどが面倒で魚を食べない子どもが主なターゲット。ペースト状に加工したイカやサバを原料に、魚のにおいを抑えるためネギを多めに加えてあんを作り、食べやすいようにニンニクも抜いた。

 小中学校給食への提供や土産店での店頭販売も予定している。工夫を重ねた自慢の品で「これなら食べてイーカも」と食べた子どものハートをつかめれば、魚肉の消費拡大につながりそうだ。【高橋真志】

【関連ニュース】
【昭和毎日】ギョーザ、即席ラーメンの「愛される理由」
なるほドリ:「高槻うどんギョーザ」ってどんな食べ物? /大阪
ゴーヤー餃子:発売 JAが食品開発
名物ギョーザ:受験生を応援します 金箔文字で合格祈願--知立 /愛知

<パンダ>来年3月に上野動物園で一般公開 東京都が見通し(毎日新聞)
口蹄疫 「赤松農水相らの対応は見苦しい」 自民・石破氏(産経新聞)
「かっとなって殺した」 遺体は男の両親と確認 静岡・磐田(産経新聞)
留学生がホテルビュッフェに舌鼓=福岡市〔地域〕(時事通信)
「振り込め」撲滅 橋幸夫さん訴え(産経新聞)

初の女性「鬼師」目指す!夢は「少しかわいく」(読売新聞)

 厄よけのために鬼の顔などの装飾を施した鬼瓦を作る「鬼師」を目指し、愛媛県今治市菊間町の「菊銀製瓦」で菊地晴香さん(21)が修業に励んでいる。

 高い装飾性を持ち、迫力ある表情を出すには10年以上かかるとされる鬼瓦作り。17軒の瓦業者が軒を並べる菊間町でも、女性鬼師はこれまでに例はないが、祖父、父ともに鬼師の家に育った晴香さんは日々、粘土と格闘している。

 鬼瓦は鬼の顔やワシ、家紋などをかたどり、屋根瓦の端にすえられる特殊な瓦。機械で作られることも多い一般的な瓦と異なり、職人が一つ一つ手作業で作り、鬼瓦を作る職人は尊敬を込めて鬼師と呼ばれる。

 晴香さんは、菊銀製瓦の社長で「日本鬼師の会」会長を務める陽一郎さん(46)の長女として生まれ、幼い頃から瓦作りを身近に見て育った。鬼師は伝統的に男の世界とされるが、「他人がしないことに挑戦したい」と高校卒業後、迷わず、瓦作りの世界に飛び込んだ。どっしりした鬼瓦の運搬も軽々とこなし、「これが当たり前ですから」と土で手などが汚れることもいとわない。

 修業を始めて4年目の今は、焼き入れ前の、石こうで形取った鬼瓦の表情に深みを加える作業を担う。瞳に緊張感を漂わせながら粘土に顔を近づけて黙々とヘラで削り、一つの瓦に半日かけて、荒々しい鬼の表情を彫り上げる。角やきばを加えて、20時間窯で焼き入れした後、2週間乾燥させれば完成。「うまく表情が浮かぶと達成感に包まれます」と話す。

 あこがれは「じいちゃんの作品」。今年2月に引退した祖父の壮三郎さん(74)は、全国でも名の知れた鬼師だった。無口で職人気質の壮三郎さんから直接、指導を受けることはないが「作り終わった作品をこっそり見て参考にしていました」と話す。

 菊の花を表現した香炉や、バラの花を描き、チョウを止まらせた置物など、女性らしい柔らかな作品も手がける。陽一郎さんは「技術はまだまだ」と笑いながらも「女性ならではの繊細さがある」と期待する。

 石こうの型を使わず粘土で一から大きな鬼瓦を作ることはまだ無理で、10センチ程度の小ぶりの鬼瓦を作るのが精いっぱい。だが、「いつか、じいちゃんのレベルにたどり着きたい」と意気込み、「一人前になれば、今までにないような、少しかわいい鬼瓦作りにも挑みたい」と夢をふくらませている。(奥原慎平)

<堺男児虐待死>逮捕の元内縁の夫 腹部を狙った暴行(毎日新聞)
「新しい公共」推進へ宣言=円卓会議(時事通信)
<御殿場女性遺体>元夫が殺害認める供述(毎日新聞)
鉄道撮り続け60年 広田尚敬の写真集が連続発売 レールのように終わりなく(産経新聞)
首相「公約でない」に「また余計なことを…」(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。